特定相談支援事業

特定相談支援事業

障害福祉サービスの利用を希望する障害者の方は、サービス等利用計画の作成が求められています。新宿区立障害者福祉センターは、平成27年4月に新宿区から特定相談支援事業所として指定されたことにより、身体障害者と知的障害者の方を対象に、サービス等利用計画を作成することになりました。この計画は、サービスを利用する人自身でも作ることができますが(セルフプラン)、当センターでは相談支援専門員がご本人やご家族のお話を聞きながら作成致します。

概要

対象者
身体障害者、知的障害者(18歳未満の者を除く)
利用方法
サービス等利用計画の作成を希望する場合は、利用申請と指定計画相談利用契約が必要です。
利用日及び利用時間
月曜日から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く。)
午前9時から午後5時まで
利用料
当事業所の相談支援に対し給付費が支払われる場合、利用料の負担はありません。
詳しくは「サービス等利用計画作成の手引き」をご覧ください。

サービス利用計画

自分(じぶん)が自分(じぶん)らしく生(い)きていくためのプランが「サービス等(とう)利用(りよう)計画(けいかく)」です。

相談(そうだん)支援(しえん)専門員(せんもんいん)が今後(こんご)の希望(きぼう)や夢(ゆめ)を実現(じつげん)するためのおてつだいをおこないます。

illust3

作成の流れ

counsel-flow

Copyright© 新宿区の障害者福祉を支える 新宿区立障害者福祉センター All Rights Reserved. Designed by Pixel Design.