リハビリテーション(機能訓練)

リハビリテーション(機能訓練)

障害者手帳をお持ちでなくても、ご利用いただけます。

リハビリ室では、障害のある方が地域で暮らしていくための様々な訓練をおこなっています。

専任スタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師)が、障害のある方の地域生活を支援します。

当センターのリハビリは、障害者総合支援法の自立訓練事業ではなく、新宿区独自の事業で運営しています。

そのため、障害者総合支援法による制限を超えて、障害者手帳がなくてもサービスを受けられ、介護保険をご利用の方でも受けられる場合がありますので、1度ご相談下さい。

訓練メニュー

理学療法

歩行能力やその他運動機能面で障がいのある方に対して、専従の理学療法士が個別訓練にて身体機能や生活動作の 維持・改善を図るための運動訓練やご自宅での自主訓練などのアドバイスをおこないます。

作業療法

身体機能や高次脳機能に障がいのある方に対して、専従の作業療法士が個別訓練にて作業活動や環境調整を通して、日常生活の自立や復職や再就職に向けての訓練・支援をおこないます。必要に応じてグループ訓練をおこないます。

言語聴覚療法

失語症や構音障害など言葉に障がいのある方に対して、専従の言語聴覚士が言語障がいの状態に応じて個別・グループ訓練をおこないます。

健康管理

リハビリ室の専従看護師が、通所時に血圧や脈拍など健康状態を観察し、必要に応じて日常生活の健康管理サポート・アドバイスをおこなってい
ます。

在宅生活の支援

補装具や在宅の改修、介助方法等について個別の対応をおこないます。また、自宅でできるリハビリメニューの提供等もおこなっています。また、枝先ゴムや左右サイズの違う靴の販売もおこなっています。

調理訓練、公共交通機関利用の評価

調理訓練や交通機関利用の評価等、訓練ニーズに応じた訓練や評価をおこないます。

健康・リハビリ・補装具相談 毎月第三火曜日 14:00~16:00

補装具は、病院を退院した後も定期的にメンテナンスを必要としたり、使用しているうちに壊れたりしてしまうものです。新宿区立障害者福祉センターでは、補装具の相談にのり、必要なメンテナンスを提案したり、新しいものを販売しています。

他にも体調や身体の動かしかた、生活のしづらいことなど、何でもご相談ください。

作業・理学療法士、看護師がチームで相談をお受けします。

ことば相談

言語聴覚士

言語聴覚士が言葉の障害に関する相談を受け付けています。新宿失語症友の会の紹介やその他の社会資源に関する助言も行っています。

概要

実施場所
B1F 機能訓練室
ご利用できる方
新宿区内在住で15歳以上の心身に障害にある方障害者手帳の有無は問いません介護保険(デイサービス等)対象の方でもご相談受け付けます。
利用日時
【理学療法・作業療法】月~金曜日 午前9時~午後4時
【言語聴覚療法】火~金曜日 午前10時~午後4時
*祝祭日、年末年始は除く
費用
訓練1回につき100円(減免制度もあります)
利用回数
利用者の状況に合わせ、週1回~2回の個別・グループで訓練をおこないます。
医療相談

6ヶ月に一度、医療相談をおこない、リハビリの継続の可否や今後の訓練の方針を決めます。
リハビリ相談
次のようなことでお困りの方は、お気軽にご相談ください

  • 補装具相談使用している下肢装具が傷んだり、歩行器・杖・車いすが身体に合っているか知りたい。
  • ことば相談脳血管障害、事故等により、話したり聞いて理解すること、書いたり読んだりする事に関してお悩みの方はご相談下さい。
  • 高次脳機能障害相談記憶・注意・遂行機能障害等の高次脳機能障害に関することでお悩みの方はご相談ください。

利用までの流れ

利用までの流れの図表

スタッフ

理学療法士
作業療法士
看護師
看護師

運動機器

高次機能評価機器

WAIS-Ⅲ(成人知能検査法)
WAIS-Ⅲ(成人知能検査法)
遂行機能障害症候群の行動評価(日本版)
遂行機能障害症候群の行動評価(日本版)
Copyright© 新宿区の障害者福祉を支える 新宿区立障害者福祉センター All Rights Reserved. Designed by Pixel Design.